ローディング中のグリーンユーティリティのロゴ画像
Now Loading...

お問い合わせ 無料省エネ診断

環境市場動向 63 「フクシマの未来」 (放射線の基礎知識 Vol.4)

2021年6月22日 【環境市場動向

最新の環境関連トピックスを、隔週でご案内しております(2012/2/27)。   今後、フクシマではそして日本では、一体どのように放射線汚染地域が広がっていくのでしょうか?そして、どのように健康被害が発生していくのでしょうか?その唯一の参考となるのがチェルノブイリです。チェルノブイリの現状から、フクシマの未来が見えてきます。   63-1. レベル7 チェルノブイリ原子力発電所での事故は、フクシマと同様、放射性物質の放出量が数万兆ベクレル以上であり、INES/国際原子力事象評価尺度の「レベル7」に区分されています。チェルノブイリで原子力事故が発生したのは、1986年4月26日のことであり、今年で事故後26年になります。   63-2. 放射線汚染 チェルノブイリの事故では、放射性物質が大量に大気中に放出されました。放出された放射性物質は、高度1800mにまで舞

会員ログインフォーム
   

\Share/