ローディング中のグリーンユーティリティのロゴ画像
Now Loading...

お問い合わせ 無料省エネ診断

環境市場動向 79 「CO2:ハワイ高地で400ppm超え 危険領域に突入」

2021年6月22日 【環境市場動向

最新の環境関連トピックスを、毎月ご案内しております(2013/6/10)。   米ハワイ島マウナロア山で5月9日、大気中の二酸化炭素(CO2)濃度(1日平均)が初めて400ppm(1ppmは100万分の1)を超えて観測されました。CO2は産業革命以来増加の一途をたどる代表的な温室効果ガスで、温暖化のさらなる加速と被害拡大が懸念されます(毎日新聞、2013年5月31日)。   79-1. 温暖化「危険領域」 「私たちは歴史的な限界点を超え、危険領域に突入してしまった」   米海洋大気局(NOAA)がマウナロア観測所で「400ppm超」を観測したのを受け、国連気候変動枠組み条約のクリスティアナ・フィゲレス条約事務局長は声明を出し、危機感をあらわにしました。   地球の大気は、窒素が約78%、酸素が約21%を占めていますが、ほとんど温室効果がなく、1%程度

会員ログインフォーム
   

\Share/