ローディング中のグリーンユーティリティのロゴ画像
Now Loading...

お問い合わせ 無料省エネ診断

環境市場動向 46 「“温室効果ガス濃度” 過去最高値を更新」

2021年6月22日 【環境市場動向

最新の環境関連トピックスを、隔週でご案内しております(2011/6/6)。   46-1. 主要な温室効果ガス濃度は、過去最高値を更新/WMO この度、国連の世界気象機関(WMO)は、世界のおよそ200地点で観測された温室効果ガスデータの最新の解析結果を、「温室効果ガス年報」として発表しました。解析結果によりますと、大気中の主要な温室効果ガスである二酸化炭素・メタン・一酸化二窒素の世界平均濃度は、2009年に“過去最高濃度”を更新しました。   (1) 二酸化炭素は一貫して増加 二酸化炭素は、地球温暖化に及ぼす影響が最も大きい温室効果ガスです。人間活動に伴う化石燃料の消費・セメントの生産・森林破壊などの土地利用の変化、などにより大気中の二酸化炭素濃度は増加し続けています。二酸化炭素濃度は、観測開始以来“一貫して増加”し続けています。2009年における大気中の二酸化炭素濃

会員ログインフォーム
   

\Share/