ローディング中のグリーンユーティリティのロゴ画像
Now Loading...

お問い合わせ 無料省エネ診断

環境市場動向176 「顧客をつかむ『パーパス』とは?」

2021年7月12日 【環境市場動向

最新の環境関連トピックスを、毎月ご案内しております。   パーパス(Purpose)は一般的に「目的」「意図」と訳されますが、ビジネスシーンでは「何のためにこの会社があるのか」という、組織や企業の「存在意義」を意味します。いま、新型コロナの影響を受けて「企業の社会的な存在意義」が問われ、パーパスを表明する企業が増えているといいます。ここでは、キリンビバレッジの「パーパス・ブランディング」の取り組みをご案内いたします。   176-1. キーワードは「健康」「社会」「環境」「責任」 企業の存在意義「パーパス」を販売戦力に組み込んだ「パーパス・ブランディング」を、キリンビバレッジが強化しています。主力商品を通じて企業の存在意義「パーパス」を訴求し、「パーパス」への“共感”を通して顧客をつかみ、販売拡大を狙うものです。   キリングループがパーパスを表明したのは20

会員ログインフォーム
   

\Share/