ローディング中のグリーンユーティリティのロゴ画像
Now Loading...

お問い合わせ 無料省エネ診断

環境市場動向 166 「経済蝕む猛暑リスク」

2021年6月22日 【環境市場動向

最新の環境関連トピックスを、毎月ご案内しております(2020/9/14)。   気候変動で想像を超えるリスクが浮き彫りになってきました。洪水や台風などの被害が目に留まりやすいですが、地球の急速な温暖化は灼熱の暑さをもたらし、「熱リスク」が人々の健康や経済を蝕もうとしています。被害の実態を見通すのが難しいだけに、気づいたときには手遅れになります。リスクとの向き合い方が世界で議論の的になっています(「日本経済新聞」、2020年8月23日)。   166-1. 労働力8000万人ロス 経済損失250兆円 国際労働機関(ILO)が温暖化の数ある影響のうち、特に指摘するのが「熱ストレス」です。2019年に出した報告書は、熱ストレスで失う労働時間が2030年までに全世界で2.2%に達し、フルタイムで働く8000万人に当たる労働力を失うと分析しました。経済損失は2兆4千億ドル(約25

会員ログインフォーム
   

\Share/