ローディング中のグリーンユーティリティのロゴ画像
Now Loading...

お問い合わせ 無料省エネ診断

環境市場動向 140 「広がる海洋汚染 規制遅れる日本」

2021年6月22日 【環境市場動向

最新の環境関連トピックスを、毎月ご案内しております(2018/7/9)。   140-1. マイクロプラスチック 国内の貝に大量蓄積 地球規模の海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック」が、東京湾や沖縄県・座間味島の海岸の二枚貝の中に大量に蓄積していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが確認しました。   マイクロプラスチックにてついて、グループは、過去に東京湾のカタクチイワシの体内から見つけていますが、貝からは海外で検出例があるだけでした。生物の体内に取り込まれやすい直径0.02~0.08ミリのごく小さな粒子が多く、「貝の生息や生態系への影響を詳しく調べる必要がある」としています。   2015~2017年に、東京都と川崎市の東京湾でムラサキイガイとホンビノスガイを、座間味島ではイソハマグリを採取して調べました。 &n

会員ログインフォーム
   

\Share/