ローディング中のグリーンユーティリティのロゴ画像
Now Loading...

お問い合わせ 無料省エネ診断

環境市場動向 114 「チェルノブイリ30年 放射性セシウム今も基準値超」

2021年6月22日 【環境市場動向

最新の環境関連トピックスを、毎月ご案内しております(2016/5/9)。   114-1. フクシマと同じ 最悪の「レベル7」 1986年4月26日、旧ソ連ウクライナ共和国のチェルノブイリ原発4号機が試験運転中に爆発し、ベラルーシやロシア、欧州など広範囲が放射性物質で汚染されました。消火に当たるなどした数十人が急性放射線障害で死亡、約33万人が移住させられました。国際機関などは、がんなどによる死者を4,000~9,000人と推定しています。事故の深刻度を示す国際尺度では、東京電力福島第一原発事故と並ぶ最悪の「レベル7」でした。     114-2. イノシシ肉 今も基準値超 森の生態系に影響 オーストリア保健・食品安全局は、チェルノブイリ原発事故から30年を機に、同国の森などで植物、土壌などの調査を行い、イノシシ肉から最大で1kg当たり4,711ベクレルの放射

会員ログインフォーム
   

\Share/